しおやあれやこれや vol.8-vol.9

地域内外から多彩なゲストを迎えてまちについてのあれやこれやを考えるトークイベント「しおやあれやこれや」。
今回は、同じく坂の多い尾道からゲストにおいでいただき、2日連続で開催します。




海と山に挟まれた急斜面に挟まれた2つの町は幾つもの共通項で結ばれています。
空き家は塩屋でも大きな問題です。「尾道空き家再生プロジェクト」は積極的に空き家の利活用を行う先駆的な活動です。「AIR Onomichi」もまた、空き家の多い尾道、山手地区において文化活動による町の活性化を行っています。この2つの団体を通して、これからの小さな町の未来を語り合います。


2/17(土) しおやあれやこれや vol.8「まちとアート」

尾道の旧市街斜面地エリアを中心に2年毎に開催されるレジデンスプログラム。国内外より現代美術作家を招聘し、尾道の空き家・空き地・廃墟などを利用しての滞在制作を展開する作家の支援をしています。

ゲスト:AIR Onomichiアーティスト・イン・レジデンス 尾道|小野環・三上清仁

日時:2018年2月17日 (土) open 14:00 start 14:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約当日共 1,000円


2/18(日) しおやあれやこれや vol.9「まちと空き家」

瀬戸内海のおだやかな海と山々に囲まれた街、尾道。 尾道固有の町並みや建物はそこで営まれてきた暮らしの歴史であり文化です。その中でも特にユニークな環境をもつ山手地区ですが、現在、空洞化と高齢化が進み、空き家が数多く存在しています。その中には建築的価値が高いもの、不思議で個性的なもの、景観が優れているもの等さまざまな魅力をもったものも含まれていますが、残念ながら住人を失った家々の傷みは年々加速しています。尾道空き家再生プロジェクトではそれらの空き家を再生し、新たな活用を模索していきます。この活動を通じてほかにはない尾道らしいまちづくりを展開していきたいと思います。

ゲスト:尾道空き家再生プロジェクト|豊田雅子・新田悟朗

日時:2018年2月18日 (土) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約当日共 1,000円


主催:塩屋まちづくり推進会、シオヤプロジェクト
共催:塩屋音楽会
平成29年度 神戸市・まちの再生活性化に寄与する文芸術創造支援助成金対象事業|兵庫県/神戸地域団体活動パワーアップ助成対象事業

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日は休館とすることが多いため、返信等の対応が滞る場合があります。


以下の関連イベントも開催されます。

2月17日

LIVE|旧グッゲンハイム邸|open 18:30 start 19:00
出演:
Straight&Palmer with フェリーズ(尾道)
瀬戸信行+清野拓巳+ワタンベ(尾道)
Satanicpornocultshop(塩屋)
蘇我氏(塩屋)
森本アリ(塩屋)

出店|旧グッゲンハイム邸|14:00〜22:00|入場無料
空き家再生プロジェクト
AIR CAFE
ホホホ座尾道店コウガメ
USHIO CHOCOLATL
ネコノテパン工場
チャイサロンドラゴン
藤井製帽 小売部
岡嶋晶子


2月18日

塩屋まちあるきツアー|10:00〜12:00
集合場所:JR塩屋駅北口の階段下
案内人:森本アリ

LIVE|旧グッゲンハイム邸|open 16:30 start 17:00 end 20:00
出演:
トウヤマタケオ+小金沢健人(尾道)
Temple Planet(尾道)
三田村管打団?(塩屋)
ペ・ド・グ(塩屋)
おおたけなおこ(塩屋)

出店|旧グッゲンハイム邸|12:00〜20:00|入場無料
空き家再生プロジェクト
AIR CAFE
ホホホ座尾道店コウガメ
USHIO CHOCOLATL
ネコノテパン工場
チャイサロンドラゴン
藤井製帽 小売部
白水麻耶子
スポンサーサイト

まちをよくするためのアンケート

2006年に塩屋まちづくり推進会が発足、まちの将来像を定めた「まちづくり構想」に基づき活動を続けてきました。
活動開始から10年が経過した現在、地域には新たな課題も現れてきているように思います。
そこで今一度、これまでの活動をふりかえるとともに、今後の取り組みについてのご意向を把握するため、全世帯アンケートを実施いたします。
ぜひ、ご意見・ご提案をお寄せください。

※アンケートは、地区内全戸に順次配布中です。
提出期限は年内となっていますので、アンケート内に記載の回収ボックスへご投函ください。



questionnaire_02s.jpg

data_01s.jpg

data_02s.jpg

推進会総会

いつも塩屋まちづくり推進会の活動にご協力いただき、ありがとうございます。
6月18日(日)10:00より、塩屋地域福祉センター(塩屋児童館)にて推進会総会が開催されます。
現在取り組んでいる「塩屋景観ガイドライン」他、重要な議題を取り上げますので、是非ご参加ください。
よろしくお願いします。

真鶴町視察

3月4日から5日にかけて、昨年より交流の続いている神奈川県の真鶴町に視察に行ってきました。
真鶴町は神奈川県の南西部に位置する面積約7平方キロメートル、人口約7,500人の、塩屋と同じく海に面した坂の多い町で、画期的な景観条例「美の基準」を持つ町でもあります。
今回視察したのは、昔からのローカルな街並みを残す南部の半島地区です。

→真鶴町地図

真鶴町は地形や街の性格といった点で塩屋と似通った部分があり、景観に関する考え方も共通する点が多いことから、景観ガイドライン作りではよく参考にさせていただいているのですが、今回の視察では、塩屋との違いやそれぞれが抱える課題なども知ることができました。

真鶴が塩屋と異なる点は、まず駅が半島の山側(北側)にあって周辺は開発が進み、駅前のロータリーを中心に、東西・南北のかなり交通量の多い幹線道路が走っていることです。
また、町域そのものは北部の山側まで広がっており、塩屋と同じく海と山双方を擁する町なのですが、駅から一望で町の大半が見渡せる塩屋に比べると町の規模が大きく、半島側にいる限りはほぼ「海の町」の雰囲気でした。
以上のような点では、真鶴は塩屋よりも都市であるという印象を受けました。

しかし、半島を海側へ進んでいくと、通りの1本奥には背戸道と昔からの生活文化を受け継いだ家並みがまだ多く残っており、あちこちに生えている古木も、単なる緑化の所産とは異なる由来を感じさせます。
お話を伺ったところでは、祭り(貴船まつり)なども文化行事というよりはもっと生活に根ざした部分が残っているようで、神戸中心部に近く、人や文化の流入・流出が多くあり、過去から直接的に受け継がれた生活文化が薄れているという点では塩屋の方が都会寄りであると言うこともでき、一概に言えないところは興味深い点でした。

その他、川によって山と海のつながりがもたらされている塩屋とは異なり、真鶴半島方面には川がなく、半島南端の「御林(おはやし)」と呼ばれ大切にされている樹林帯が、直接漁場に恵みをもたらしています。
また、海が開発によって地域と分断されていないため、人々に親しまれている印象を受けます。

真鶴の街並みで特徴的なことは、高層建築物がほぼ皆無な点です。
これはもちろん条例「美の基準」を持っていることが大きいのですが、この「美の基準」は単なる規制基準ではなく、「美しい町」をつくりあげてきた作法を、相互につながりを持つ八つの原則として普遍的な言葉で表し、ルール化しようとしたものです。
ただ、いわば行政主導で条例が作られたため、地域全体への浸透はまだ十分とは言えないようです。
また条例制定当初はバブル期で、まず大規模開発を阻止する必要があり、人員にも限りがあることから、個人住宅への対応はできていなかったそうで、現在取り組んでいるところのようでした。

塩屋においては、町単独で独自条例を制定することができないこともあり、まずは地域で景観に関する考え方を共有することがルール作りの目標となるだろうと思われます。
また、「守る」ためのルールに加えて、「作り上げていく」ためのルール作りが、より重要になるかもしれません。

いずれにしても、「その町の良さ」「その町らしさ」をどうやって継承していくかは、真鶴や塩屋のような小さな町にとっては今後決定的な重みを持ってくるテーマだと思います。
今後も真鶴町や他の地区とも交流を深めながら、より地域にふさわしく、有効なガイドライン作りを進めていきたいと考えています。




manazuru_02s.jpg manazuru_11s.jpg

manazuru_12s.jpg manazuru_10s.jpg

manazuru_06s.jpg manazuru_18s.jpg

manazuru_07s.jpg manazuru_08s.jpg

manazuru_14s.jpg manazuru_16s.jpg

manazuru_15s.jpg manazuru_17s.jpg


塩屋見聞録1955~ Vol1、Vol2

推進会では昨年、地域の文化資産を古今の地図に落とし込んだ「塩屋見聞録1955-2015」を発行しましたが、本年はその修正改訂版「塩屋見聞録1955~ Vol.I」と、新たに駅前付近の情報を中心に構成した「塩屋見聞録1955~ Vol.II」を作成しました。
貴重な街の歴史文化情報満載です。

塩屋見聞録 Vol.I、Vol.II は以下の場所で入手可能です。

・旧グッゲンハイム邸
 078-220-3924(9:00~18:00 火曜・水曜定休)
 guggenheim2007@gmail.com
 http://www.nedogu.com/

・TRUNK DESIGN(トランクデザイン)
 078-797-4940(11:00~18:00 金曜~日曜営業)
 http://trunkdesign-web.com/

・喫茶 ティンカーベル
 090-4282-4505(9:00~17:00 不定休)


プロフィール

塩屋まちづくり推進会

Author:塩屋まちづくり推進会
塩屋まちづくり推進会ブログへようこそ!

このブログでは、推進会の活動及び情報をお知らせしています。

塩屋まちづくり推進会定例勉強会は、

■第1木曜日 19:00~21:00
■第3水曜日 19:00~21:00

塩屋地域福祉センター(市立塩屋児童館1階)で活動しています。

塩屋まちづくり推進会HP
http://shioyamachisui.web.fc2.com/

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
問い合わせ先
塩屋まちづくり推進会BLOGに関するお問い合わせはこちらをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
携帯のカメラ機能(バーコードリーダーなど)から読み込んでください。
QR